読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「バーニング オーシャン」

マーク・ウォールバーグ主演の事実に基づいた海洋火災ディザスター

話は、2010年4月20日。メキシコ湾沖の石油掘削施設ディープウォーターホライズンで起こった原油流出火災事故が発生した様子を再現。

そこで勤務しているトランスオーシャン社の電気技師のマイク(マーク)と、所長のジミー(カート・ラッセル)らと共に勤務交代で到着。そこでは親会社の管理職ヴェドリン(ジョン。マルコヴィッチ)らが居て遅れている作業状態に口出ししていた・・・その夜、圧力試験を実施したところ勝手にヴェドリンらが掘削可能と判断を下し掘削作業を開始してしまう。

その直後から異常が発生し、ついにオイルが噴出!ガスも発生し、引火。大火災事故となってしまう。

凄まじい爆発と炎の映像と施設の崩れ落ちる様子が、とてつもない臨場感で迫ってきます。

★★★