読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シロメ】

リアルが恐怖を越えた!

異色の最驚ホラー!!

どこがやねん

ももいろクローバー × 白石晃士

このホラー監督の作品はいろいろ観てきたがもうすこし期待したぞ

都市伝説シロメさま

どこかの廃墟にシロメさまという願いを叶えてくれる神様がいるという

壁に描かれた不気味なチョウチョの絵の前で

「シロメさま、シロメさま、・・・してください」

と3回唱えると、それが純粋な願いであれば必ず叶えてくれるという

しかし、からかい半分や不純な思いで願った者はシロメさまが現れ地獄に引きずり込むという

実際にその廃墟では、この4年で6人が不思議な死を遂げているらしい

メジャー第1弾シングルのヒットを受け、衛星放送の枠を使った特番の話がももクロに舞い込んだ

この都市伝説の廃墟を訪れ、チョウチョの絵の前で曲を披露し、シロメさまに紅白出場の願いを唱える、という企画だ

ももクロメンバーにこの話がおりてきたその日、怪談師・吉田経人が呼ばれていてメンバーに都市伝説の詳しい話を語る

その最中、吉田の様子が急変し血だかゲロだかを吐いて運ばれて行ってしまう

のっけから恐怖を煽ろうとするが、嘘くさいったらありゃしない

同日なのか、ロケ前日、急遽、稽古場のような大部屋でメンバーは泊まり込むことになった

就寝後も回る定点カメラは、オーブと呼ばれる光体とメンバーの身に起こる怪現象をとらえていた

そして6人の少女たちは、ディレクターの白石とカメラスタッフに2人の霊能者を加え、廃墟に侵入していく

ラップ音だの何だのといろいろ仕掛けが施してあるが、観ているこっちはどっちらけ

密着レポ風ドキュメントという体はなしているが、白石晃士作品でまっとうなドキュメントなどあろうはずがない

実際自分がここにいたら怖いだろうか?

仲間がいてスタッフがいての現場にヤラセ疑惑を合わせると怖くはない

だいたい事前にあれだけ危険要素を提示しておいて、本番前にも怪現象出まくり

事実だったらこれでロケ強行するかね?

というふうに、ももクロは疑問を持たないのか

廃墟に侵入してからも、2人の霊能者が、この先はとんでもなく危険なので引き返そうと提案する場面があるが、

白石ディレクターは「それでは番組が成立しない」と霊能者を残してももクロを突入させる

命の危険があるのに、これはありえないだろ

ことがすべて終わったとき、ももクロメンバーにドッキリ企画だったと明かされる

なら前夜にカメラがとらえた怪現象はナニ?

ももクロ共犯だろー

当時ももクロのメンバーは6人だった

そしてももちがももクロではなくBerryz工房だと知った