読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩手のソウルフード〜福田パン

岩手のソウルフード盛岡市福田パンという結果になりました。

盛岡はわんこそば、冷麺、じゃじゃ麺と麺料理に特徴があるようです。

なので、ソウルフードもこれらのうちからひとつかと思っていたのですが、意外や意外、麺ではなくて麺包(パン)ということに落ち着きそうです。

福田パンはやわらかいコッペパンに好みの具材を挟んだもの。

挟む具材はお惣菜系とお菓子系のふたつに大別されるそうで、一番人気はあんバターなんだとか。

最も実際はバターではなくてマーガリンのようですが。

城下町とパン、一見ミズマッチのようにも思えますが、盛岡は意外にハイカラな土地柄でもあります。

市内には宮沢賢治ゆかりの出版社、光原社があり、現在は民芸品を扱った雑貨店やしゃれたカフェがあります。

宮沢賢治の童話の主人公は、そばをすすっているよりもパンをかじっているほうが似合っているように思います。

http://guide.travel.co.jp/article/16302/