読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャリのおばあちゃんは超天然。

夜中にこんばんわ(*´∀`)♪

何だか眠れなくてね…。

だからジャリのおばあちゃんの話しちゃう。

ジャリは出戻りなので、前の日記に書いたかもなんだけどね。

ジャリのおばあちゃんはウルトラ天然です。

母方のおばあちゃんなんだけど

、おいらより武勇伝持ってるんだな。(笑)

ジャリは身長162?もあるそこそこの巨人なんだけど、おばあちゃんは150もない小さくて細い可愛らしいおばあちゃんなんだな。

おばあちゃんは81歳になるけど、かなり若く見えるんだな。

背中も曲がってないしね。

で、そんなおばあちゃんの武勇伝とは…。

昔、お母さんの妹さんがおばあちゃんに透明な海老をあげたんだって。飼うやつね。

その透明な海老はもちろん水槽で飼ってたらしいんだけど…

その日、もの凄く寒い日だったんだって。

あまりにも寒くて、透明な海老を見て寒そうだなぁって思ったらしく…

やかんをしゅんしゅん!!沸かしてお湯を水槽に注いだんだ…

透明な海老は赤くなってプカァ〜と浮いたらしい…。

透明な海老は恐ろしい死に方をしたんだな。(笑)

凄いでしょ?マジな話だから。

そんなおばあちゃんが何年も前に停電にあった時の話。

停電中にう○こをしたくなったおばあちゃんはなくなくう○こをしたんだ…

でも、電気は止まってる。

ジャリはやったことないからいまいちよく分からないけど、タンクに水を入れると流れるんだよね?

そのままにしときゃ〜いいのに、どんどん色が変わっていくう○こに焦ったおばあちゃんは、

新聞紙にう○こをくるんで、庭に埋めたらしい…。

実話です。

まだまだあります武勇伝。

その日、お母さんと妹さん、妹さんの子供、おばあちゃんでショートケーキを食べてた時の話。

四人でおいしくケーキを食べていると…コバエが一匹飛んでたんだって。

『コバエが飛んでるねー』ってお母さんと妹さんが嫌がってたんだけど、その瞬間、おばあちゃんのケーキにそのコバエが止まったんだって。

そしたらおばあちゃんが、『こんなん食っちゃえ食っちゃえ!!』って食べたんだな…(笑)

それを見た妹さんの子供が『ひぃっ!!』っていったらしい。そりゃそうだ。

ジャリは食いしん坊だから基本好き嫌いはないけど、さすがに虫は食べないよ。(笑)

おいらのおばあちゃんってすげぇや!!