読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標より目的、ビリーバンバン

土曜は、先日納車したカートとビリーバンバンさんを観に、成田のしもふさ学園様のお祭りへ。

雨はギリギリやんでくれて、咲き誇る菜の花と満開の桜のもと、“また君に恋してる”や“白いブランコ”などを聴いてきました♪

「やすらぎの郷」はようやく木曜からカートが出てきて、金曜は常盤貴子さんが運転しとった( ・∇・)

日曜は夕方から仕事の前のりで熊本へ。

熊本市内の“憲七百”にて、お客さんと馬刺し盛りや島あじの刺身をいただきました。

馬肉、申し訳ないけど美味しいなぁm(__)m

ほいじゃあ、カープの単独首位を素直に喜びつつ、本日の啓発メルマガ紹介へと参ります。

↓↓

啓発メルマガ

HSコーポレーション星野修の想い・志

Vol.2889

==========

会社の目的は利益じゃない   横田英毅著

目標より、目的が大事

目的と目標はまったく違ったものです。

今ここに、「苦労したお袋に楽をさせてあげたい」と思っている一人の若者がいるとします。

お母さんに経済的に楽をしてもらうためには、安定した、高い収入を得る立場にならなければいけない。

そのためにはいい学校に入って、大きい会社に入って、いい給料を稼いで・・・と考えました。

このケースでいえば、目的は「親孝行する」ことであって、高い収入を得ることも、いい学校に入ることも、まして大きい会社に入ることも、目標に過ぎません。

「お母さんに楽をしてもらう」方法は、実は他にもいろいろあります。

高校を卒業したら商売を始める道もあるし、腕のいい料理人など、専門的なスキルを身に付ける道もあります。

つまり、目的を達成するための方法論が目標であって、その形は一つではないのです。

同じように、会社の目的は、売上や利益ではありません。

売上げや利益は目標です。

会社の目的は、「社員を幸福にする」などのように、そうなりたい、そうありたいと思う姿なのです。

会社は売上や利益などの目標ではなく、それらの目的を大事にしなければなりません。

ここでもう一度、目的と目標の違いを明確にしておきましょう。

目的は長期的なもので、見えにくく、利他の志向性をもち、考える力とつながるものです。

目標は短期的なもので、見ることができ、利他の要素が強く、知識やスキルとつながるものです。

別の観点で考えれば、目的と方向(ベクトル)のことです。

「組織のベクトルが合ってきた」

「社員が同じ方向に歩いて行くようになってきた」

などと、よく言いますよね。

これに対して、目標は距離のことです。

「今月の売り上げ目標」などはその典型です。

整理すると次のようになります。

目的=方向・・・・志・使命感・夢・心・思いなど。質。(経営理念)

目標=距離・・・・具体的な取り組み事項、数値、モノなど。量

そして何より重要なのは、目標ではなく目的です。

私がこう言うと、多くの人が・・・

「目的が大事なことはわかるけど、とにかく今は、売上や利益を少しでも増やすように頑張らないと会社がもたない」

と言います。

よってほとんどの会社は、売上は利益の目標だけをつくって、その目標に向けて社員にハッパをかけるようなことをしています。

=========

働く目的。。

何のために働くのか?

それが、志・使命感・夢・思い・理念につながっていきます。

なので、人をやる気にさせるのは、目標ではなく目的!!

「何のために・・・」

その目的が明確になれば、人は意欲をもって、喜んで、惜しみなく働くんだと思います。

上司が部下に「何のために・・」を聞いてあげてください。

=========

株式会社HSコーポレーション

星野 修