読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹の目相場観

G7が許すことができない事は侵略だと考えています。

ロシアに於けるクリミア半島

中国における南シナ海の侵略を許さないことを祈る。

ただし、、アメリカが本気であることが条件だが…

アメリカがシリアを攻撃したことは中国ロシアに愛するアメリカの今のスタンスを示したと言えよう。

今後は中国ロシアの出方を様子見することになるだろう。

相場は混沌とするだろう。