読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.9132 辞退だ辞退

先日、家から10kmぐらいのところにあるスイミングクラブの面接を受けた。

辞退した。

なぜか。

労働条件が求人票と違ったからだ。

求人票には「残業無し、9時から22時のシフト制で8時間」とあった。

しかし面接では、始業前に準備のため8時頃には出てきてもらって、終業後に会員の情報管理のために事務仕事をしてもらうから7時過ぎまで、と言われた。

何言ってるんですかね。

入りが嘘からってのは嫌いだ。最も嫌いだ。

だったら最初から8時半を始業時間にして、レッスン開始を9時にしろよ。

で、レッスン終了を5時半にしろよ。

残業代も出ない雰囲気じゃねえか。

出るとしても嘘を吐く相手に雇われたらなんやかんやで給料減らされそうでやってられんわ。

ということさ。

まぁ、近眼でも眼鏡やコンタクト、度入りゴーグルの着用を禁止されてるってのもあったし、よかったんじゃないかな。

それじゃ顔も見えねえっての。

労働者をバカにしたような雇用主のところには行きたくないね。

社会の厳しさをわかってないのはてめえらだ。

虚偽の採用情報は罰金刑と懲役刑があるぜ!厳しい社会へ行ってこい。

嘘ついて甘い汁啜ってるくせに社会の厳しさとか笑わせるぜ!

絞め落としてやりたいね・・・・

さ〜て、次の会社へ!