読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色彩団・黒沢秀明(イラスト付き)

≪人物的特長≫

【名前】

 黒沢秀明(くろさわ ひであき)

【イメージ声優】

 石田彰

【出身地】

 名地駿河(静岡)

【誕生日】

 9月6日

【身長】

 168cm

【体重】

 66kg

【武器】

 短刀二刀流

 風影忍術

【流派】

 黒沢流忍術(風と影を操る術と短刀2本を使った暗殺術)

【年齢】

 26歳

【所属】

 色彩団黒子隊

【役職】

 総務長

【趣味】

 ジョギング

 晴れ渡る青空を見ること

【特徴的な仕草・癖】

 嬉しい時や困った時に無意識に後頭部を掻くクセがある。

≪能力的特長≫

【他人よりできること】

 諜報活動

 雑務能力(家事全般も含む)

 事務処理能力

【他人よりできないこと】

 魚をうまく捌けない

【自分にしかできないこと】

 要人暗殺(影の仕事)

≪性格的特長≫

【性格】

 相手が誰であろうと会話をする時は礼儀正しく接する紳士的な人。

 ただし裏の仕事(暗殺)になると相手が女性だろうと子供だろうと容赦なく殺す暗殺者たる性格を出す(※ただし相手が不幸な身の上だったりすると殺したフリをして見逃す事がある)。 

 周囲を振り回す当主に対して容赦ないツッコミを入れたりするが、たまに悪乗りして共謀する事

もある。

 

【好きなもの】

 鶏肉の唐揚げ

 ほうれん草の胡麻和え

【嫌いなもの】

 甲殻類(海老フライだけは辛うじて食べれる)

【喋り方】

「私(わたし/一人称)」

「〜〜ですよ(通常時)」

「お前は〜!」&「あんたって人は!」←(主に怒った時)

≪経歴的特長≫

体現:高材疾足(こうざいしっそく)

意味:優れた才能や手腕がある人のこと。

由来:「高材」は優れた才能、「疾足」は足が速いという意味。

≪人間関係的特徴≫

 仲の良い人:色彩団全員

 仲の悪い人:特に無し

≪背景≫

 当主とは小さい頃からの付き合いで常に当主の我儘振りに振り回されているが決してイエスマンではなく、『是は是、非は非』と言う事が出来る。

 人当たりが良くて誰からも好かれる人物だが、当主の身に危険が迫ると自分の身を呈してでも守り容赦なく相手を殺害する。

 これは当主の母から『何が何でもバカ息子を護ってね』という約束を守っている事から来ているが秀明自身、当主の事は嫌いではないため約束でなくとも影日向となり護っている。

 たまに当主が悪巧みをしたり、幼稚な動機で侵略行為をしようとする時は容赦なく折檻する(他の大名なら切腹物)が、これも全て秀明が持つ当主に対する忠誠心から出ているものである。

 戦闘の師匠は黄山であることもあり戦闘や暗殺に関しては一流であり、特に暗夜での戦いにおいて、まず負ける事はない。

 風のように目にも映らない速さで近付いて斬ることがあれば、影のように動いて相手が気付かないうちに殺害する事が出来る。

 そんな彼は黒子隊の隊長であるが主な仕事は色彩団の総務(他の色彩団との連携や情報収集や伝達、当主からの指示に対してどこの部隊が全う出来るか判断して命令書を出すなど)であることから色彩団の大黒柱とも言える存在であり、彼はそのトップを務めている。

 人当たりが良い上に的確な判断を下したり、部下達と共に書類整理する(その処理能力も極めて早い)ため組織内での人望も厚い。

 その裏では色彩団に仇なす存在を調査・暗殺するという影の仕事を持っている。

 

黒沢「私の人物紹介は以上になりますね。イラスト付きという事で私という人物が何となく分かって頂けたのなら幸いです。皆様、今後とも私や色彩団、当主の事を宜しくお願い致します(頭下げ)」