読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肉

http://rocketnews24.com/2013/01/02/281004/

東京近辺では、以前から東京・三河島には犬肉を扱う店があったそうですが、最近は、上野、池袋、新宿をはじめ、新大久保、蒲田、小岩、横浜の歓楽街にまで拡大しているんだとか。

http://rocketnews24.com/2012/12/30/280325/2/

http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=12156221767

チョンゴル(すき焼き)

「ケ-ジャン」のス-プを少なめにして,犬肉と調味料を多めに入れたものを煮込みながら食べる料理. セリ,荏胡麻の葉,ネギなどの野菜を用い,ニンニク,胡椒,トウガラシ粉などで味付けをする. 焼酎の肴,あるいはご飯のおかずとしてもいける. 食堂で食べる場合,頼めば残ったス-プに野菜やおかずを入れて御飯を程よく混ぜてくれる.

一人前の献立

材料:茹でた犬肉200g, ス-プ 150ml, ネギ 50g, ニラ 50g,セリ 40g, 荏胡麻の葉 20g 調味料: 塩 3g, 荏胡麻 5g, つぶしたニンニク 10g, トウガラシ粉 2g, 胡椒 少々 方法: 鍋に茹でた犬肉とス-プ,野菜と調味料を入れて,煮込みながら食べる. 煮込みすぎると,野菜の色が変色し, 味が落ちるので,一度火を通した後,火を弱めて食べながら料理をする.

ーーーーーーーー

犬を屠殺する場合ボコボコに殴り殺す。肉がうっ血によってかさが増えるからと信じているから。

美味い肉にするためには、適切な方法で血抜きをしないとならないが、血を抜く=目方が減るためできる限り血を抜かないように締める。

残虐な方法で殺すことによって、犬の体内でアドレナリンが大量に分泌され味が良くなると信じているせい実際は味は良くならない

朝鮮人は猫も食べる。

ーーーーーー

欧米動物愛護団体が、主張する「犬肉食は残虐で、犬がかわいそう」等といった主張は、極めて感情的かつ一方的で、文化の多様性を認めない傲慢なものであるという他ない。

何故犬を食用に供すると、「虐待」で牛を食べると「虐待ではない」ということになるのか。

合理的な説明は、不可能であり、それが単に欧米流の食生活にそぐわないというだけのことでしょう。

食文化を巡る欧米との摩擦は韓国だけの問題ではない既に日本では、商業捕鯨が禁止された関係で鯨食文化が衰退しつつあるし最近では、マグロ遠洋漁業も環境保護の美名の下にますます規制が厳しくなっている。

しかも、それらの規制は、条約上は「資源の有効利用」のためであるとされながらも、実際には「クジラやマグロがかわいそう」、「高等動物であるクジラを捕食するのは野蛮である」といった欧米の一部動物愛護団体の思想に基づいており、しかもそうした「無邪気な」文化帝国主義的思想を一部の欧州諸国や豪州・ニュージーランドが国家ぐるみで支援している。

ブタはチンパンジー並みに高い知能を持っている。とする研究報告を米国エモニー大学の神経科学者ロリ・マリノ氏らが発表した。

論文は国際学術誌「比較心理学」に掲載された。

マリノ氏と動物の権利団体「ノンヒューマン・ライツ・プロジェクト」の声明:「我々の研究はブタの認知能力がイヌ、チンパンジーゾウ、イルカ、そしてヒトなど高い知能を持っている他の動物と並んでいることを示すものです。

研究によると、ブタの知能の高さを示す能力として、以下のようなものがある。

・優れた長期記憶を持っている。

・迷路など、物体の位置把握が必要なテストが得意。

・簡単な象徴言語を理解できる。

・行動や物体に関係する記号の複雑な組み合わせを学習することができる。

・他の個体と遊んだり、イヌのように擬似的な喧嘩をすることを好む。

・複雑な社会生活を営み、集団の他の個体を識別し、お互いに学習し合う。

・他の個体との共同作業を行なう。

・ジョイスティックを操作して画面上のカーソルを動かすことができる(チンパンジーと共通の能力)。

・鏡を使用して、隠された食物を見つける。

・他の個体への共感を見せる。

https://www.youtube.com/watch?v=s8Ey4eY48rI

人間は必ず他の生命あるものを食べなければ生きて行けぬ宿命です。

牛や豚を人間が食べる為に狭い家畜小屋で押し込めて、成長ホルモン剤打たれまくりで育てられて、僅か2、3年や子牛や子豚のうちに殺されてスーパーに並べられてそれを食べる

酪農自体が欧米の肉食文化を日本に定着させる為に、導入された。

西欧諸国の大半はクジラ肉を食べる習慣が有りません古来から肉を常食し、土地も広く牧畜が盛んでクジラ肉を食べる必要がないからです。ノルウェーアイスランドなど寒冷の土地では牧畜が困難で海に肉の供給資源を求めクジラ肉を食べる数少ない国となっています。

日本と西欧諸国とは肉の供給事情がその歴史と家畜飼料の需給事情が全く異なります。日本では家畜飼料の殆どを輸入しなければなりません、クジラ、イルカ肉は唯一輸入飼料を使わず、大量供給できる動物肉です。日本の捕鯨は古来から貴重な蛋白源を供給してきました。

クジラやイルカをペットにして放し飼いにしてる人ってのを教えてもらえます