読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒さと人生の恐怖と

何か、恐い事を思い出した。不味いなぁ。何もしてないのに、幻聴と記憶だけで、ここまで不安になれるのか。明日は、恐怖の採血だ。注射針を、刺すんだ。心配だ。何でもない週末なのに、イメージは悪い。さっきは、寒いと思った。もう、2月も終わりなのに、気力を奪われる様な寒さだ。恐ろしい。将来は、今の生活は、維持されない。確実に、支出だけが増える。恋人が出来る保証もないから、結婚出来る保証もない。時間旅行でもするか。悪い時間は、24年続いたんだ。臆病にもなるさ。そうだ。消し去らなければいけない。この24年を、人生から消し去らなければならないんだ。喪失の24年。誤っていた選択。そうだ。人生を、やり直すんだ。15歳の、あの冬から。やり直すんだ。そう思えば、希望も湧いて来る。何もなかった。全ての経験は、仮染めの自らが行った物で、真に、自分自身が行った物ではなかったんだ。自分ではない自分に、主導権を明け渡してしまった。通俗の価値観など、どれほど意味がなかっただろう。その結果が、この孤独と低所得だ。未来には期待は出来ないから、考えるのをやめよう。過去に戻って、人生を生き直すんだ。それ以外に生き延び\xA4

詁擦呂覆い函〻唎こ亳腓鮖鈇辰董•い涼罎砲蓮∪犬④襪燭瓩防ⓜ廚焚礎祐僂蓮⊄④蠅討い覆い鵑犬磴覆いǂ福2兇ⅹ綣蠅囊犬④蕕譴訐い涼罎任呂覆ǂ辰拭〽匆馘Ľ兵綣圓法⊆蠅郎垢型④戮蕕譴覆韻譴个覆蕕覆ぁ◀茲衫匹囊犬④襪燭瓩砲蓮∋彖曚ⓘⓜ廚澄◀修譴蓮⊄梢佑旅佑┐進Ľ任呂覆咩⊆\xAB分の考えた思想が必要だ。自らの言葉によって、自らを生かす。何も頼れない。誰かが助けてくれる訳でもない。この夜を、一人で眠らなければならない。無事に、眠りに就けるだろうか。毎日眠れているから、今夜も、眠る事は出来るはず。それでも、自らの欠けた人生は、恐い。この暗闇は、自らを取り囲む絶望。いつもと同じ、恐怖の夜。昼間はいいさ。周りに人間がいる。夜になると、誰もいなくなる。自分が錯乱しない様に、心情を整えなければ。楽しい事でも考えよう。何が、楽しい?眠る前の夜の時間に、楽しい物など何もないよ。明日が、心配だ。早起きは、出来るだろうか。無事に、通院は出来るだろうか。問題なく、採血は終えられるだろうか。夜が眠くなる物なら、それは、体の生理の支えと言う物だろう。頭は冴え、将来の心配と暗い部屋の恐怖で、心細い。明日の先まで行けば、伴

侶に出会える保証もない。せめて眠いなら意識を休める事が出来る。寝なきゃ。