読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「オキナワ旅日記?−戦場、宝くじ、712」

2月20日(月) 晴れ 雨 知多に戻ったら春一番

昨晩9時カラオケの後、いつの間にか寝入ってしまったようだ。深夜二時頃目覚める。あ、バーに行きそびれたなあ。そのまま、バルコニーでタバコを吸ったり、本を読んでみたりして朝まで過ごす。

みんな早起きだ。夜明け前の朝6時家族揃って温泉に浸かるのであった。

飯食って、海を眺めつつ帰り支度を始める。宅配のスーツケース二つだった荷物がずいぶんと増えている。段ボール一個分宅配便追加。中身、ジンベイザメのぬいぐるみ、飲み残しの泡盛オリオンビール、食い散らかしたお菓子やらツマミの残り、さすがに食べ残したパパイヤは持って帰れないな。でも島らっきょうは手荷物で持ち帰ろう。

9時過ぎにホテルを出る。目指すは本部町のサンエイスーパー。普段は足下がおぼつかない母上、スーパーではシャキッと歩きだし獲物を漁る。彼女の戦場である。鮮魚売り場で一目惚れした白身の切り身魚をどうしても持って帰りたいとの母上の要望に応え、発泡スチーロールの箱と保冷剤を用意する。そのほかにも、沖縄産の生豚肉、格安のランチョンミート、これも格安な黒糖や土産用お菓子なども買い込む。

さてスーパーを出て次に目指すのはイオン名護店。地元の人にかりゆしウエアが安くて品揃えはいいのはどこかと聞くと、みんなイオンと答えるのだ。かりゆしウエアははじめくんがご所望。本部町から海沿いの道を走りイオンへ。残念ながらイオン、この季節は品揃えが充実しておらず、かりゆしゲットならず。

さて、このへんで買い物は終わりにして那覇に向かおう。二度三度と通ったなじみのある道の駅許田で昼飯を食い、なぜだか宝くじも買う。これに当たったら、すぐに沖縄に戻ろうと三等兵。

58号線を那覇に向かう途中、恩納村あたりのコンビニでトイレ休憩。すると向かい側にかりゆしウエア専門店があるではないかい。今回の旅はなかなかタイミングがよいわい。無事、かりゆしウエアもゲットして3時前空港近所のレンタカー屋に到着。

春一番の影響で約一時間遅れて無事セントレア知多に戻ってきた。8時過ぎ我が家が見える直前の車中。「もし家が無くなってたらどうする?別の人が住んでたららどうする?」と僕、三等兵が「表札に田辺とか書いてあったりしてね」とアユゴンをからかうと「そしたら、712に戻ればいいよ!」と快活に答える。712は4日間お世話になったホテルのルームナンバーでござる。